​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

☆コンドウさんの神秘なお話 第四十七話☆

こんにちは!セリナーゼです。 今月の神秘なお話を担当させていただきます! よろしくお願いします(^o^)/ 今月は「知恵の神クババ」について私、セリナーゼの見解を独自の視点で述べていきたいと思います!(^^)! 「知恵の神クババ」は人類に知恵と言語を授けた神、古代ローマ・ギリシャではキュベレーとして崇拝されていました。肉体は人類創造の主で別次元からやってきたアヌンナキが与えたとし、クババから授けられた知恵と言語によって、私たち人類は文明を築きあげてきたのですが、クババに授けられたということであれば、我々はクババのシミュレーションの中で生きているということになります。一説によると、アヌンナキに肉体を与えられた時点で過去、現在、未来も含めてクババのシミュレーションの中いるということのようですね・・・ クババの祖先は宇宙人であるアヌンナキ、そのアヌンナキがもたらしたとされる文明(シュメール)は人類が初めて言語をもった文明とされているとのことです。なぜ人間に知恵と言語を与えられたのか・・・人間には理性があるからなのです。 少し話しは逸れますが、私たちは一つのスピリット(魂)としてこの世界にやってきたと考えられています。スピリットとして成長するために肉体を授けられ、知恵と言語を与えられ、この世界でさまざまな経験や体験をしていきます。そして来世もスピリットは成長を続けていきます。スピリットはクババのシミュレーションの中で成長することが宿命だったのでしょうか?魂の成長としてクババのシミュレーションの中にあるのならば、クババに感謝しなければならないですね。 人間として生まれてくること、それは大

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア