​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

第21話

さて、4月17日(火)10時36分から春土用に入り、5月4日(金)に土用明けします。前にもお話しましたが、土用は土旺(どおう)用事と言われ、陰陽五行によると、春=木、夏=火、秋=金、冬=水を割り当て、土は変わり目に当てられました。年4回あり、平気法(へいきほう)では四(し)立(りゅう)、冬至の約136.97日・228.28日・319.59日・45.66日後の18日前が土用入りになり、土用の期間が毎回18日になります。それに対し定気法(ていきほう)では、太陽黄経45度・135度・225度・315度の18度前(45-18=27度)以下117度・207度・297度となる日が土用入りになります。国立天文台では、定気法を用いて各土用の入りの日時を発表しています。東洋に土用があるなら、西洋には「ボイド」という「魔」の無効時間帯があります。この時間を侵すと、主に決定事項や新規事に影響があり、自分が自分でないと感じたり、普段うまく出来ていたことができなくなったり、ミスを多発するようになります。さらに感情コントロールや思考能力低下、コミュニケーションの違和感が挙げられます。これは西洋占星術で「ボイドタイム」と呼ばれています。 例えば、ドイツの精神科医 S・ガンザー (1853~1931) が拘禁(こうきん)(強制的に自由を抑圧される環境に置かれること)された未決囚(みけつしゅう)(刑が確定するまで刑事施設に拘禁されている被疑者のこと)にみられる症候群として報告したガンザー症候群がありますが(ガンザー朦朧(もうろう)状態とも言い、拘禁下の心因反応としてみられることの多いヒステリー性精神症状のこと)

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア