​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

☆第30話☆

2018年は戊戌の陽土でした。それに伴った「改革」を起こすことができましたか?白黒どちらか一つに光があたる年でした。甲乙などの十干、子丑寅などの十二支の組み合わせが60年かけて周り、亥で終わり、2020年の子で始まります。亥は「がい」と言い、「とざす」「閉める」という意味で、十二支の最後になります。天皇陛下が生前退位する2019年は陰陽五行で己亥になります。己は陰土、亥は陰水となり、互いに削り合う相克関係になり、土砂が汚水の中に流れ込むイメージになります。規律、勤勉の下には爆弾が隠されており、理性と感情のバランスをとることが難しく感じるでしょう。六十干支が同じで、土が水を侵すので、特色として「代替わりと人事異動が激しい年」になります。上が下を抑える意味合いもあり、自ら引くことで調和をもたらすでしょう。注意事項として、あまりにも世間知らずがために、一般的なことを大げさに捉え、慢心してしまい、責任転換してしまうことです。これが運を下げる要因の一つになります。亥を相手に後退するときは、決して背中を見せてはいけません。相手の目を見据えてゆっくりと一歩一歩下がっていくのです。逆に自分が突進する立場なら深追いは危険です。そこには罠が潜んでいるかもしれません。ですので「去る者は追わず」という気構えでいたほうが相手にも自分にもプラスになるでしょう。陰陽五行で火が強い年は景気が拡大し、水が強い時期は縮小すると言われています。己亥は土と水の組み合わせであり、土剋水で水のエネルギーを土で抑えています。本当に水の力が強くなるのは、2020年東京オリンピック開催年の庚子になります。庚は金で子は水。金生水

平成30年

あっという間に今年もあと数日となりました。 来年には元号も変わり、今年は平成最後の年末年始となります。 3周年を迎えたクローバーも12月初旬、本拠地に引越しを済ませ、 今後は腰を据えて、様々な活動が自由にできるようになりました。 皆様方にはご理解とご協力をいただき、誠に有難うございました。 来年も元気に活動していきますので、スイートピーと共に ご愛顧の程、宜しくお願いいたします。

第29話

2018年、神秘のお話2回目になる占術ですが、今回、水霊瀑布ことコラプション陸矢さんによるタロット占いです。タロット占いはジプシーのものだったという定説はありますが、古代エジプトを起源に「流浪の民」によって運ばれていったようです。ジプシーというとフラメンコやカルメンを連想しますが、18世紀フランスの学者クール・ド・ジェブランの「原始世界」という本で紹介されたのが始まりともされており、19世紀初頭には歴史学者を中心に、言語学者や民俗学者による本格的な研究が始まりました。しかし、史実においてジプシーはタロットではなく手相を見ていたり、盗賊家業もやっていたようです。「ジプシー=タロット」はファンタジー的、神秘なイメージが先行したロマンティシズムによるものです。 占いにとって、月の満ち欠けは重要視されています。しかし、一口に満月と言っても、同じ満月は年に1度あるかないか、その理由ですが、牡羊座からスタートして魚座で終わり、12宮を巡ります。月の移動期間は約2.5日となり、12星座×2.5日=30日の運行になりますが、満月の周期は29.5日なので、毎回違う星座の元で影響を受け、従って効力も異なってきます。そして地球に住む我々に様々なエネルギーを与えてくれます。 それでは、12月7日(金)16時(新月)~23日(日)3時(満月)までを占ってみたいと思います。 (全体の流れ)期待と不安の中、一つの時代が終わろうとしています。国は指針を打ち出してはいますが、足踏み状態が続き、自立と孤立の駆け引きに焦燥感が現れています。この時期のポイントは解放です。しがらみを解き放ち自分に沿わない野心を捨てるこ

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア