​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

第25話

あれは忘れもしない・・まだ夏の訪れ(おとず)が間もない1999年7月のこと・・ そう、世間では「ノストラダムスの大予言」が注目を集め、見えざる世界を見据(みす)える者達の意識はソコにありました。当時私は、エスニック雑貨のお店を起業し、東南アジア雑貨全盛期(ぜんせいき)の日本を駆け巡り、インドやタイ、チベットなどから不思議な雑貨を輸入していました。ある日、東京八王子にあった問屋の倉庫の片隅で一風変わった人形を見つけました。世界各国の変わった人形を見てきた私ですが、この人形の雰囲気にヤバさを感じたのです。しかも値段が提示(ていじ)されていないので展示品かと思った私は社長に聞いてみました。すると社長は「いや・・それは・・」と言いかけたので「どうされました?」と聞き返すと「いや、それはね・・何ていうか・・私が現地に行ったとき、そこの部族長に譲ってもらった物で、まぁ、戦利品(せんりひん)なんだよ・・」と言われました。「戦利品とは!?」社長が重い口調で「これはねバミレケ族の物で、部族間(ぶぞくかん)の争いに使用されたリアルな呪いの人形だよ」バミレケ族とは部族数80くらいの集団で構成されるカメルーン中部に住んでいる者達で、ニジェール=コンゴ語派のベヌエ=コンゴ諸語のどれかを話すようです。一夫多妻(いっぷたさい)も特徴で、農業によって、とうもろこし、落花生(らっかせい)などを栽培しているようです。建築や工芸などは男性が担当し、畑は女性が分業して行うのです。正方形の家に円錐形(えんすいけい)屋根の住居が特徴的(とくちょうてき)です。そして何より私が注目したのは・・先祖(せんぞ)崇拝(すうはい)と

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア