​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

第24話

今回はスピリチュアル的な視点から統合失調症を解読してみたいと思います。 統合失調症には4つの段階があり(前兆期・急性期・休息期・回復期)症状の現れ方や経過から(破瓜型(はかがた))(緊張型)(妄想型)に分類されます 前兆期=さまざまな兆候が見られ、過敏症など誰もが体験している感じなので、見抜くことが難しいです。 急性期=幻想や妄想といった陽性症状が出ます。 休息期=エネルギーが枯渇してしまった状態になり陰性症状に入ります。休息とは呼んでいますが、不安定なので急性期に戻ることが多いのです。 回復期=自分自身を取り戻しますが、認知機能が上手く働きません。 破瓜型=陰性から陽性に入り、人格形成に影響が大きく、慢性化すると言われる。 緊張型=緊張病症候群とも呼ばれ、奇妙な行動が特徴であり、青年期にいきなり発病するようです。 妄想型=陽性症状が主で、20代後半の発病が多いです。 統合失調症では病気が治ったことを完治とは言わず「寛解(かんかい)」と表現します。 その理由として所説ありますが、症状が回復し、普通に生活出来たとしても、陰性症状が多少残り、完全に回復することがなく、再発率が高く、治療が必要になるケースが多いのです。 なぜこのような症状は完治しないのでしょうか? それは必要であり、闇に触れる意味があるからなのです。 この世は二元論が色濃く残っており、陽と陰、善と悪など対極的な関係になっています。社会常識のみで生きてきた人達の人間性は薄く、かたや非常識に生きているだけではすべてが懐疑的になります。光と闇を生きている者は懐の深い方が多いのです。統合失調症の陽性症状ですが、幻覚・幻聴は肉

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア