​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

☆コンドウさんの神秘なお話 第四十三話☆

2019年10月6日(日)にマリアナ諸島の東海上に発生した「台風19号」、アジア名「ハギビス(命名:フィリピン=日本語で素早いという意味)」カテゴリー5のスーパー台風として記憶に刻まれている人も多いのではないでしょうか・・? 2018年、日本の気象庁が定める基準において、政府は台風として初めてとなる「激甚災害」、「特定非常災害」、「大規模災害復興法の非常災害」などの適用を行い、東日本大震災を超えて過去最大規模の適用となりました。各地に大きな爪痕を残していった台風19号を、神秘学視点からお話していきたいと思います。 10月12日(土)18:22、千葉県南東沖を震源に関東地方で震度4の地震が起きました。震源の深さは約80㎞、マグニチュードは5,7と推測されました。沼津でも揺れましたね。「やはり来たか!」この時は規模ではなく、地震が起きたことに焦りました。なぜなら、「もし、台風19号と同時に地震が起きたら、これは自然災害ではなく、人為的災害に切り替わる」と周囲に伝えていたからです。 さぁ、ここからは「都市伝説」だと思って聞いてください。 ひと昔前、地震といえばナマズやカラスの動向が迷信的に扱われてきましたが、最近では、震度4以上が来る前の三大兆候として①寒暖の差が激しい②強風③地震雲が挙げられます。この3つの兆候に椋平アーク(地震虹)が加わることで震度7以上の地震が読み取れます。 10日(木)は、比較的に晴れ間があった一日でした。17:25東の空に「燃えるような十字架型の雲」を見ました。過去、そのような雲を見たのは二度ありますが、今回は輪郭もハッキリ見え、少し恐怖を感じたと同時に、何

☆コンドウさんの神秘なお話 第四十二話☆

あけましておめでとうございます! 今月の神秘なお話を担当させていただきますセリナーゼです! 今年もよろしくお願い致します(^o^)/ 2020年(令和2年)を迎えました!今年のビッグイベントは日本、東京で開催されるオリンピックであります。2020年は子年(ねどし)ねずみ年になります。正しくは「庚子(かのえ・ね)」となります。実は私、今年は年男であります(*^_^*) 干支についてでありますが、12で一回りとする十二支、10で一回りをする十干(じっかん)を合わせたものになります。 十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)・・・太陽の動きを示す天意 十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)・・・月の動きを示す天意 ※天意とは、天の意思、自然の道理という意味です。 2020年は十干が「庚」、十二支が「子」となり「庚子(かのえ・ね)」となります。「今年の干支は?」と聞かれましたら、「子(ねずみ)」と答えるのが一般的です。干支の組み合わせは60通りあるそうでして、次に「庚子」の組み合わせが来るのは60年後の2080年になるそうです。次の「子年」は12年後の2032年となります。果たして、2032年はどんな時代になっているでしょうか・・・ 子年の特徴の一つとして、うるう年になるということであります。うるう年とは、2月が1日多い年のことを指しますが、うるう年は4年ごと、つまり「子年」、「寅年」、「申年」が該当します。今年は「子年」となりますので、2月は1日多いうるう年となります。冒頭にお伝えしました「庚子」は、芽吹きと繁栄を示し、何か物事を新たにスタートさせると上手くい

☆コンドウさんの神秘なお話 第四十一話☆

こんにちは!セリナーゼです。今月の神秘なお話を担当させていただきます! よろしくお願いします(^o^)/ 令和元年、8月11日(日)の山の日、富士登山に行きました!今回で7度目となり、標高1400m地点にある御殿場口から4時30分にスタートしました。1400m地点でも素晴らしい星空を眺められ、野生動物の鳴き声が聞こえてきました。 御殿場ルートは初めてで新鮮でしたヽ(^。^)ノこのルートは登山道の中でも過酷で、標高差は2300mあります。スタートして少し歩くと「大石茶屋」がありますが、この後7合目まで山小屋がありません。山小屋がないということはトイレもなく、食糧や水分も手に入れることができないということであります。事前に食糧や水分は計画的に用意しておく必要があります。トイレを使用する際も300円~500円ほどかかります。 みなさんもご存知の通り世界遺産、国立公園となっていますので高山植物や火山岩などを持ち帰ることは禁止されています。7合目まで歩くと両太ももをつってしまい痛みが激しくなってきました。自分の周りではリタイアする人も出始め、痛みが引かなければリタイアすることも考えていました。ストレッチやマッサージを行い、痛みが引いたので引き続き頂上を目指して歩くことにしました。8合目を越え、3000mに達してくると空気が薄くなってきます。 左の写真にありますように赤茶けた岩場に変わってきます。気温も12℃ぐらいまで下がります(昼間)。夜間は気温1桁台です。4時30分にスタートし、頂上に到着したのは14時30分過ぎでした。天気に恵まれ、雨に降られることもありませんでした。頂上に着いた時は

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア