​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

☆コンドウさんの神秘なお話 第四十五話☆

新型コロナウイルスが猛威を振るうなかで、東京オリンピックも延期となり、医療機関をはじめ、各方面で人類が試されています。その反面で様々なうわさも飛び込んできます。「人類削減政策」を掲げ、高齢者を中心に人減らしを行う組織や生物兵器が実験的にバラまかれたなど都市伝説的なことがたくさん出てきます。マスクやティッシュもそうですが、独り占めではなく困ったときにはお互い様の精神で助け合っていきたいものです。 さて、今回のお話ですが、「コンドウにとって占いとは何なのか?」「良い占い師を見分けるコツは?」「結びに」を掲載したいと思います。最近まで占い師に内面を聞くこと自体がタブー視されていた世の中だけに読み応えがあると思います。出会ってきた占い師達の考えや思いから感じたことを織り交ぜながら書きました。 ・コンドウにとって占いとは? この世界に身を投じて27年が経ちました。「占い」を定義させると難しいのですが、テレビで見かける「星座占い」や「恋占い」などとは一線を画し、三式と呼ばれる「奇門遁甲」「六壬神課」「太乙神数」をベースに「カバラ数霊術」や「金口訣」、「タロット」などを駆使しながら「魂の根幹」を成す宿命や運命を理解するために占断させていただいております。ただ占術は本来必要のないものだとも考えています。なぜなら本来の目的は、「至高の存在の眼」を通じて行うことであり、「天に通ずる道=魂の進化へ」であるからです。軽々しく扱えない意味がここにあります。タロット占い一つ挙げても、ただのカードゲームではなく、その人達が帯びているエネルギー(生体オーラ)を直接視るための基礎として応用されるべきなのです。こ

☆コンドウさんの神秘なお話 第四十四話☆

こんにちは!セリナーゼです。 今月の神秘なお話を担当させていただきます! よろしくお願いします(^o^)/ 今回はイルミナティカードの予言についてお話をしていきたいと思います。 みなさんは、イルミナティカードをご存知でしょうか?イルミナティカードとは、1982年にアメリカでスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社から発売されたカードゲームであります。ルールとしては、他のプレイヤーと競いながらカードを取り込み、一定数を支配したら勝ち、というものであります。イルミナティカード(世界征服を企む悪の結社カード)、グループカード、特殊カードの3種類、ゲーム用貨幣、サイコロ2個を使用します。 イルミナティという近世の秘密組織をゲーム化したものと言われています。 ところが、このイルミナティカードに描かれているイラストが後の重大事件を予言していると話題になっているのです! これまでに9.11のアメリカ同時多発テロ、3.11の東日本大震災、東京オリンピックの開催、ここ最近の大きな出来事として新型コロナウイルスの流行までカードのイラストが予言していたというのです(;’∀’)それではカードを見てみましょう! 新型コロナウイルスの感染を予言している2枚のカードのうち、1枚は左の「Lab Explosion」のイルミナティカードです。研究室が爆発している様子が描かれ、黄色の中の赤色の部分が武漢市の形に似ていると話題になっています。研究室が描かれていることから、発生源は病原体の研究機関ではないかという話まで出ているのです。 もう一つは右の「Plague of Demons悪魔の疫病」というイルミナティカードです

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア