​ブログ

元気に楽しく様々な作業や活動を行っています!

第15話

皆さんは、普段、呼吸を意識したことはありますか? 吐いて吸って・・吐いて・・吸って・・呼吸は何のためにあるのでしょう?ただ酸素を吸って二酸化炭素を排出し、生命活動を維持するためだけの行為だけなのでしょうか?呼吸を止めると苦しくなり、そのままにしたら死んでしまうということは皆が知っています。ほとんどの人が無意識で行っている呼吸・・生命活動にとってなくてはならないことですが、どうやら秘密が隠れているようです。 呼吸をして酸素を取り込むと、細胞が活性化して、二酸化炭素を排出します。呼吸器系はハイテクで、特殊機能を備えています。呼吸に関係する6つの場所として(鼻腔)(気管)(肺)(横隔膜)(細気管支)(気管支)になります。肺をフル回転させるには、自律神経系が重要になってきます。自律神経とは、無意識の生命維持機能です。酸素(空気)を吸い込む準備が整うと、自律神経系が肋骨の筋肉に刺激を与え、横隔膜を稼働させて肋骨の間にある筋肉を収縮させます。そのことで肺が広がりやすくなるのです。それから、空気が入ってきます。気管を通過、気管支で分岐、両肺へ入ります。ここからさらに枝分かれしていきます。それは細気管支と呼ばれ、組織の奥まで通り抜けられるようになっています。そして、その先端に、空気を貯める小さな袋状になった肺胞があります。周囲にはたくさんの毛細血管があり、赤血球にはヘモグロビンが含まれています。 吸い込んだ空気⇒肺胞が充満⇒肺が膨張⇒生命維持のための交換⇒まだ毛細血管には二酸化炭素があり、肺胞には酸素がある⇒拡散機能が働き、酸素と二酸化炭素の分子は、分子濃度が低い方へ移動⇒酸素は毛細血管の通り

三島 海棠窯

9/23(土)秋分の日 今年の研修旅行は三島の海棠窯にて陶芸体験を行いました。 ランプシェードを作ってきました。先生に教わりながらみんな真剣に取り組んでいました! 1か月後の焼き上がりが楽しみです。ランプやろうそくにかぶせて 部屋に飾ってくださいね♪ ランチは長泉のPATAPATAでイタリアンの食べ放題! 次々に出てくるピザやパスタ 満腹なのに違うものが出てくると食べてしまう…(^_^;)

2017ふくseeぬまづ福祉まつり

今年も福祉まつりに参加させていただきます! 様々な催し物や飲食ブースなど盛りだくさんです。 会場でお待ちしております!!ぜひ足を運んでみてください♪

最新活動記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア