☆コンドウさんの神秘なお話 第四十八話☆

 こんにちは!セリナーゼです。

今月の神秘なお話を担当させていただきます!

よろしくお願いします(^o^)/

梅雨入りしましたね・・・ジメジメと蒸し暑く、雨の日が多そうです(´Д`)

緊急事態宣言の解除、自粛生活も徐々に緩和され、少しずついつもの日常生活に戻りつつあります。コロナウイルスの早期の終息を祈る毎日です。

 今月は「集中と執着」について述べていきたいと思います!(^^)!

はじめに、集中と執着という言葉について辞書で調べてみました。

集中(コンセントレーション)・・・ひとところに注ぎ集めること、注ぎ集まること。

執着(アタッチメント)・・・ある物・事に強くひかれ、深く思い込んでどうしても忘れきれないこと。

辞書には上記のように記載がありました。集中と執着の言葉は日常生活でもよく使う、耳にすることも多いですね!集中と執着、実はとても深いつながりがある重要な要素を含んでいるのです!(^^)!

「将来こうなりたい!あれが欲しい!」というような願望をお持ちの方も多いかと思います。実は、この願望を実現するために集中と執着が深く関係しています。

 願望を実現するために重要なことは、実現にむけて集中できること。つまり、実現に向けてのイメージや行動に集中し、潜在意識をコントロールしていくことです。ところが、この集中力を弱めてしまうのが執着なのだと考えられています。現実と実現していない願望のギャップから苦しいものとなり、ストレスホルモンを発生させ、ドーパミン神経細胞の興奮を高めてしまうと言われています。視野が狭くなり適正な判断ができなくなってしまうといった状態を引き起こしてしまいます。私も春先に、ある物事に対する執着心と戦っていました。胸がしめつけられそうになり、息苦しさも感じていました。視野が狭くなる、適正な判断ができなくなる、目の前のことに集中できなくなるといったような症状を経験しました(´Д`) 

 自分の夢、願望をイメージして夢を叶える、願望を実現していく「引き寄せの法則」においても、執着を手放すことが大事だと言われています。執着すると「叶わなかったらどうしよう」というネガティブな思考や「早く実現させたい」といった焦りの気持ちからくるイライラを誘発させる可能性があり、物事が実現していくどころか、ますます実現から遠ざかってしまいます。

 大切なことは今、この瞬間に集中することなのかもしれません。強い執着心は心の緊張を作る、我欲の強い願望は執着する心を持つ傾向にあって願望実現への集中力を弱めてしまうと言われています。

集中と執着。集中はポジティブ、執着はネガティブな意味合いで使われることが多いように感じます。執着している状態は極度に疲れやすいということもあるようです。私が春先に経験した執着の状態も肉体的な疲れでなく、精神的な疲れを伴ったものを多く感じました。執着の状態であると、いいアイデアも考えも出てこない、心身の健康にもよくないような気がします。だからといって「執着してはいけない」というわけではなく、生きている限り執着することから逃れられないので、うまく分散させることが重要だと考えられています。集中と執着の違いを理解することによって、私セリナーゼは人として、人間として成長できるのではないかと思っています!そして、魂の成長へとつなげていきたいです( ^)o(^ )

今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square