☆コンドウさんの神秘なお話 第四十四話☆

April 14, 2020

 

 

 

 こんにちは!セリナーゼです。

今月の神秘なお話を担当させていただきます! よろしくお願いします(^o^)/

 

 今回はイルミナティカードの予言についてお話をしていきたいと思います。

 

 みなさんは、イルミナティカードをご存知でしょうか?イルミナティカードとは、1982年にアメリカでスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社から発売されたカードゲームであります。ルールとしては、他のプレイヤーと競いながらカードを取り込み、一定数を支配したら勝ち、というものであります。イルミナティカード(世界征服を企む悪の結社カード)、グループカード、特殊カードの3種類、ゲーム用貨幣、サイコロ2個を使用します。 イルミナティという近世の秘密組織をゲーム化したものと言われています。

 

 ところが、このイルミナティカードに描かれているイラストが後の重大事件を予言していると話題になっているのです!

これまでに9.11のアメリカ同時多発テロ、3.11の東日本大震災、東京オリンピックの開催、ここ最近の大きな出来事として新型コロナウイルスの流行までカードのイラストが予言していたというのです(;’∀’)それではカードを見てみましょう!

 

 新型コロナウイルスの感染を予言している2枚のカードのうち、1枚は左の「Lab Explosion」のイルミナティカードです。研究室が爆発している様子が描かれ、黄色の中の赤色の部分が武漢市の形に似ていると話題になっています。研究室が描かれていることから、発生源は病原体の研究機関ではないかという話まで出ているのです。

もう一つは右の「Plague of Demons悪魔の疫病」というイルミナティカードです。多数のコウモリが国会議事堂らしき西洋の建物の周りを飛んでいる様子が描かれています。国会議事堂らしき建物は武漢市にある建物のという説があり、コウモリは新型コロナウイルスの発生源ということを示しているようです。2枚のカードから現在の状況を照らし合わせてみますと、新型コロナウイルスの感染拡大の事実と繋がってきます。

 

 他のカードを紹介しますと、「Enough is Enough」にはトランプ大統領らしき人物が描かれており、トランプ大統領の当選を予言、「Tidal Wave」には巨大な津波が沿岸の街を襲っている様子が描かれており、3.11の東日本大震災を予言したものと考えられています。「Terrorist Nuke」には世界貿易センタービルに似た建物があり、破壊されている様子がカードに現されています。9.11のアメリカ同時多発テロの予言と捉えられています。このカードの左側が下になるようにしてイラストを横向きにしてみると、不思議なことに9と11の数字が隠れているようです。

 

 カードに描かれていることが現実に起きている・・・単なる偶然なのか、それとも未来を予言して描かれたものか不透明でありますが、イルミナティカードの予言を信用する、信用しないのもみなさん次第だと思います。都市伝説としてオカルトマニアの間で噂になっていますが、いろいろなご意見やご感想があるかと思いますので(;'∀')

もし、誰かに1枚のカードを差し出され、「これがあなたの未来です!」といきなり予言されたらどうでしょうか?カードだけですべてを把握するのは難しいですが、物事が起きてカードを分析し、現実と繋がっていることに気づくことのほうが多いのでしょう。イルミナティカードは人類に警告を与えている可能性がありますので、今後も楽観視はできないです!

今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square