☆コンドウさんの神秘なお話 第三十七話☆

August 6, 2019

 

 今月の神秘なお話を担当させていただきます!セリナーゼです! よろしくお願いします(^o^)/

 

 今回は日本を飛び出し、アメリカ合衆国で経験したことについてお話していきたいと思います!(^^)!

実は親族がアメリカに住んでいる(日本人です)ということもありまして、過去2回ほどアメリカを訪れています。小学校2年時に初めて渡米した時の話をしていきたいと思います。

当時はまだ運航していたノースウエスト航空(現在はデルタ航空と経営統合)に搭乗し、現在は数少なくなっているボーイング747-400(ジャンボ機)でニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に向かいました。少しマニアックな話になりますが、ボーイング747-400には両翼の先端にウイングレットと呼ばれる小さな翼が取り付けられています。

 

 ニューヨークには夜、到着しました。現地の日本人スタッフに空港から宿泊先まで送迎していただき、車内で「宿泊先の近くにあるセントラルパーク(中央公園)には夜、行かないほうがいいですよ。」と言われました。理由を聞いてみると、セントラルパーク内に墓地があり、霊的な現象による死亡事故があったとのことで、霊が訪れた人に何かしらの影響を与えた可能性が高いとのことでした。

 

 空港から「エジソンホテル」という宿泊先に入りました。薄暗く、気味の悪い感じがしました(今、存在しているかは不明)。就寝後、しばらくして金縛りに襲われ、私は恐怖のあまり大声を出してベッドから落ちてしまいました。時差ボケもあったかと思いますが、繁華街に鳴り響くパトカーや救急車のサイレン、エジソンというホテルの名前から恐怖感が一気に高まり以前、ご紹介したかと思いますが竜巻に吸い込まれる夢を見てから金縛りに襲われました。私の家族は、真夜中に何事が起こったのかとびっくりしていました。

 

 翌日に親族と会い、ニューヨークからデトロイトを経由し、フロリダに入りました。私は体調を崩し、アメリカの食事が口に合わなかったことも重なりフロリダ到着の数日間は腹痛に襲われていました(>_<)

フロリダでもいろいろなことが起こりました。宿泊先からタクシーでユニバーサルスタジオに向かっていると、タクシーの運転手がスピード違反で捕まり時間をロスしました。ユニバーサルスタジオにおいては「ゴーストバスターズ」という映画のアトラクションに乗ったのですが、途中で故障し非常口から出るはめになりました。ディズニーワールドにおいても手すりにガムがくっついて手にベットリ・・・気持ち悪い思いをしました(>_<)

 

 初めての海外旅行でアメリカと日本の文化の違いを感じたことと、自分だけ金縛りや腹痛、ガムに触ってしまうなど不運が続きました。なぜ自分だけが・・・という思いでありましたが、日本だけでなくアメリカでも神秘な現象が起きるのだと思いました。

海外を旅行しますと、日本食が恋しくなりますね!(^^)!白い炊き立てのご飯と味噌汁。

 

 アメリカでも日本食がブームとなり、日本食のレストランも多くありますが、使用している食材や水が異なることから日本人の口に合わないこともあるようです(>_<)ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、海外においては日本のように水道の水を直接飲むことができません。腹痛や下痢などを引き起こすおそれがあることから、ミネラルウォーターを購入しています。あるレストランにおいては、お客さんが食事中にも関わらず店内で従業員が掃除機をかけ始めるといった日本では考えられないような光景を目にすることも多いです。カルチャーショックという言葉が適切もしれません。

 

 サッカーの本田圭佑選手もおっしゃっていましたが、「海外に出る」ことの意味を若い世代の方々に伝えていましたね。私も本田選手の言葉に影響され、外国で何かチャレンジしたいという気持ちを持つことができました。今月も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!(^^)!

Please reload

最新記事

May 22, 2019

February 28, 2019

February 22, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square