☆コンドウさんの神秘なお話 第六十四話☆

 歴史を語るのに口にしてはいけない言葉・・もしも」

もしも時間をコントロールすることができたなら、もしもあの時代に自分がいたらどうなっていたのか。その先の未来は?占いの世界では付きまとってくる概念の一つでもあります。


 以前、神秘なお話でもお伝えしたクール・ド・ジェブランが残した「原始世界」は後の占い師達に絶大な影響を与えました。彼は占い師ではありませんが、プロテスタントの牧師である父の影響もあり様々な思想を取り込みながら自身の教団設立まで至り、フリーメーソンに傾倒していきました。

また、当時の知識人だけを集めた「レ・ヌフ・スール」は特級思想家のみで構成された組織で有名でしたが、1778年にそのロッジでも秘書に就任しています。

時間の概念では過去から未来が当たり前となっていますが、未来に進むことはむしろ「衰退」を意味していると彼は言っていたのです。過去と呼ばれた世界から「叡知」を引き出すのか、はたまた科学をもって未来を開拓していくのか二極化が顕著になった時代でもありました。


 「TAROT」とは「王の道」という意味であり、「王の道」=「魂の黄金錬成」=「神への経路」=「神人到達」を示すアイテムとなるのです。「原始」という言葉は古い意味ではなく、むしろ過去、黄金時代を誇っていた「あの時の人類」が持ち合わせていた「感覚」そのものだと痛感させられます。それでは、11/5(金)6:15新月入りから11/19(金)17:58満月入りまでを占っていきたいと思います。

1月生まれ(ソード4 逆位置

基本的な考えがいい感じで飛躍します。準備が整ったようです。環境を信じて行動しましょう。

2月生まれ(太陽 正位置)

純粋無垢、あるがままに振舞うことで運が向上します。また、問題に対して答えが導かれます。

3月生まれ(隠者 正位置)

己と向き合う時です。多少の孤独はパワーに転換されるので、物事を客観的に判断していきましょう。

4月生まれ(ゲートウェイ・メディテーション 逆位置)

考えすぎることが仇になります。感じるままにバランスよくやっていきましょう。

5月生まれ(月 正位置)

得体の知れない不安に押しつぶされそうな感じです。ちょっとその行動は足を止めたほうが良いですね。

6月生まれ(ワンド3 正位置)

徐々にですが目的に近づいています。人工物でのバランスを暗示し、必要な物を社会で引き寄せます

7月生まれ(正義 正位置)

星の動きも高まっていますが「受動態」でいることが幸せに繋がります。前に出すぎてはいけません。

8月生まれ(コノリー 逆位置)

基本に忠実なのは良いのですがアドリブを効かせることが高次元の存在達を動かし、自らも満たされていきます。

9月生まれ(ソード7 逆位置)

不信感・・人間関係に疲れています。信頼できる人からのアドバイスがメンタルを回復させるでしょう。

10月生まれ(力 正位置)

努力が実を結ぶ時です。ギャンブル性ではなく堅実性を示します。大地に足をつける意味をもう一度考えて。

11月生まれ(ソード10 逆位置)

長く抱えていた問題に光明がさします。「気持ちの切り替え」がターニングポイントです。

12月生まれ(ソードエース 逆位置)

自分の主張ばかり通してしまうとイバラの道が待っています。周囲に配慮することで好転していきます。

最新記事
アーカイブ