☆コンドウさんの神秘なお話 第五十三話☆

 「意識は進化している」・・1969年4月、北カリフォルニアで行われた「意識の祭り」と呼ばれるニューエイジ運動を象徴する出来事がありました。1974年1月下旬には「コフーテックの意識祭」という集会がサンフランシスコ市公会堂で開催されました。会場内で配られたビラには「五十の部屋での諸経験・・合気道、キルリアン写真、薬草、精神統合、ホログラフィー、バイオリズム、詠唱、マッサージ、極療法、ゲシュタルト、ドリームワーク、バイオフィードバック、聖音、マントラ、曼荼羅、生物エネルギー工学、占星術、ヨーガ、太極拳、その他さまざま」と書かれていました。魂の高揚感を誘うものばかりですね。その様子を実況中継したカリフォルニア州立大学ヘイワード校歴史学教授のセオドア・ローザクは1975年の自著の中で語っていますが、あらゆる展示場を歩くと、「タロットや手相、魔法の杖、ピラミッドパワー、UFO研究、密教治療、オルガズム統合、自己解放の業粉砕機、火の戦車、心霊開発、大天使との融合」などを目にしたそうです。言葉だけでも異次元へと参入してしまいそうです。   


 キリスト誕生の「魚座の時代」から現代は「水瓶座の時代」に移行しています。1980年、マリリン・ファーガソンが出版して話題を呼んだ「アクエリアン革命」を踏まえ、「透明な知性」を持つ人々が深い領域で繋がりあう時代に入っています。逆にそうしなければ「生きずらさ」を痛感してしまうかもしれません。


 コロナ禍の総体運ですが、経済との絡みも示唆され、政府は望んでこのような状況を優先するのか外部からの大きな圧力を優先するのか決断に迫られています。そこへ「キングオブワンド」の落下が意味する「限界」を知っていることで傲慢にならず大胆な挑戦を仕掛ける者が「吊るし人正位置」に終止符を打つと出ています。現状がいかに動くのか目を見張ります。それでは12月15日(火)01:17からの新月入り~12月30日(水)12:28の満月入りまでの1月生まれ~12月生まれをタロットで占います!

1月生まれ(ワンド5逆位置

「調和」が訪れ、葛藤が解決していく方向に行きます。

2月生まれ(ペンタクル4正位置)

物事に「執着」しています。それは行き過ぎると「創造力」に悪影響を及ぼすでしょう。

3月生まれ(皇帝正位置)

「客観的視点」が思い描く現実を切り開いて行きます。また上司や指導者の助言を聞くと良いでしょう。

4月生まれ(カップ2逆位置)

「別れ」や「分裂」を意味しています。しかし「独り」になることで活路を見いだせるとも出ています。

5月生まれ(ゲートオブメディテーション)

神秘への参入を意味し、特殊でありながらその領域を社会という現実に引き下げてこなくてはなりません。

6月生まれ(ワンド6正位置)

気持ちに一つの答えが導き出されます。だが酔いしれている場合ではありません。謙虚な気持ちがカギとなります。

7月生まれ(ソードエース正位置)

思考より感情を優先させましょう。考えたらそのことを忘れて行動しましょう!

8月生まれ(恋人正位置)

満たされる時ですがお互いの価値観を尊重していきましょう。

9月生まれ(ソード4)

頑張っている自分に「癒し」を与えてください。無理は禁物です。余力を確保しましょう!

10月生まれ(太陽逆位置)

その「行動」や「言動」はあたなにとって正しいことですか?甘えが引き金となりマイナスを呼び込みます。

11月生まれ(愚か者逆位置)

「行動制限」する、される出来事が起きています。時を待ちましょう。

12月生まれ(ワンド2正位置)

「力」が倍増し達成します。ただし力を正しく使えているのか問うています。私利私欲に注意が必要。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square