January 13, 2020

 今回のお話は「魂」です。このテーマは、「生」と「死」に並ぶ永遠の課題として、神秘なお話の中でも多角的視点で展開しています。時代に応じたそのあり方を知るキッカケになればと思っています。

 魂は不滅、大和魂、霊魂、魂の重さ、三つ子の魂百までなど、様々な場面で使用されていますが、魂の本質についてお話していきたいと思います。

 「魂」という漢字は、部首が「云」で、音読み「うん」、訓読み「いう、いわく」となります。

 出典「角川新字源 改訂版」によると、雲が巻いて上天にのぼる形にかたどり、「くも」の意を表し「雲」の原字となっています。旁が「鬼」で、音読み「き」、訓読み「おに」となりますが、そもそも、なぜ「鬼」という旁をこの漢字にあてたのでしょうか?ここには人間の正体を明らかにする秘密が隠されていそうです。

 仏教では「みな人の、心の奥の奥の院、探してみれば本尊は鬼」という唄がありますが、率直に、人間の心の奥には鬼を本尊として祀っていますよと言っています。「そんなバ...

September 12, 2019

 こんにちは!セリナーゼです。

今月の神秘なお話を担当させていただきます! よろしくお願いします(^o^)/

 今回も日本を飛び出しアメリカ合衆国、2度目の渡米で経験したことについてお話していきたいと思います!(^^)!

 2度目の渡米は中学1年の春休みでした。デルタ航空(機種:MD-11ウイングレット付き)に搭乗し、オレゴン州のポートランドに到着後、国内線に乗り換えニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に向かいました。アメリカ西海岸は初めて訪れました。ポートランドの空港は日本人が多く空港内のレストランには、うどん屋、牛丼屋など日本食のレストランが多くありました。ポートランドは、ロサンゼルスやシアトル、ソルトレイクシティに向かう人たちの経由地となっておりました。成田からポートランドへは7~8時間、ポートランドからニューヨークへは6時間かかり、アメリカ大陸を西から東へ横断しました。私は窓側の席に座って景色を眺めていました。突然、翼のエンジン部分が真っ黒にな...

August 6, 2019

 今月の神秘なお話を担当させていただきます!セリナーゼです! よろしくお願いします(^o^)/

 今回は日本を飛び出し、アメリカ合衆国で経験したことについてお話していきたいと思います!(^^)!

実は親族がアメリカに住んでいる(日本人です)ということもありまして、過去2回ほどアメリカを訪れています。小学校2年時に初めて渡米した時の話をしていきたいと思います。

当時はまだ運航していたノースウエスト航空(現在はデルタ航空と経営統合)に搭乗し、現在は数少なくなっているボーイング747-400(ジャンボ機)でニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に向かいました。少しマニアックな話になりますが、ボーイング747-400には両翼の先端にウイングレットと呼ばれる小さな翼が取り付けられています。

 ニューヨークには夜、到着しました。現地の日本人スタッフに空港から宿泊先まで送迎していただき、車内で「宿泊先の近くにあるセントラルパーク(中央公園)には夜、行かないほうがいいです...

Please reload